ラシックスで足のむくみを取る

足のむくみの解消は、適度な運動をしたり生活習慣を改善したりなどによって徐々に解消はされますが、
即効性のある解消法はなかなかありません。
そこで、最近?注目されているのが利尿剤である「ラシックス」という医薬品によるむくみ取りです
利尿剤として分類されている「ラシックス」の有効成分「フロセミド」には強力な利尿作用があり、
体に溜まった余分な水分を尿量を増やして排出します。
足のむくみは足に水分(血液)が溜まってしまっている状態ですので、余分な水分を排出する事によってむくみ取りを実現します。
薬理としては、腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑える事によって尿の量を増やします。
「血液の余分な水分の減少」「血管壁のナトリウムが減少」によってむくみが解消されて血圧が下がります。

「ラシックス」は日本でも処方せん医薬品として認可されています。
しかし、病院に行く手間や価格の安さから、個人輸入を使って海外版の「ラシックス」を購入する人が多い様ですね。
個人輸入を使って海外版の「ラシックス」を購入すれば、処方せんも必要無く1/10程度の価格で買えてしまいます。
「ラシックス」は、モデルや女優などむくみが仕事に影響する人などが使用しているそうです。
しかし、医薬品ですので乱用する事は危険です。用量、用法を守って正しく使用しなくてはなりません。
とくに個人輸入で海外版を購入した場合は、全てが自己責任となりますので注意が必要です。

「ラシックス」は体の余分な水分を尿量を増やして排出する「利尿薬」です。
通常は、1日1回1錠を水やぬるま湯で服用します。
服用後は30分~2時間程度は利尿作用が続きますので、できるだけ外出時を避けて服用する事が望ましいです。
外出の際は常にトイレを意識して行動すると良いでしょう。また、就寝前に服用するのも避けた方が良いでしょう。
何度もトイレに起きる事となります。

副作用としては、吐き気・食欲不振・便秘・下痢・胃の不快感・めまい・脱力感・手足のしびれ・動悸・関節痛・筋肉のけいれん、などが報告されています。さらに重度な副作用が出る可能性もあり、ショック症状による脈拍の異常・呼吸困難・じんましん・アナフィラキシー様症状・難聴・間質性腎炎・再生不良性貧血・皮膚粘膜眼症候群・低カリウム血症によって生じる心室性不整脈、などがあります。用量、用法を守れば重度な副作用が出る事はほとんどありませんが、気になるほどの副作用が出た場合は早めに医師に相談しましょう。

ラシックス(一般名フロセミド)を個人輸入する|お薬なび