1. ホーム

むくみの原因

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいた。
1日中座りっぱなしでふくらはぎが痛い。
バスケットやバレーなど手を使ってスポーツしていたら手がパンパンになった。
など、むくみは1日のうち誰もが経験するものの一つではないでしょうか。

でも、上記の現象は一過性に過ぎず、時間がたてば治っているものが多いと思います。

むくみは、血液中の水分が何らかの原因によって全身やある部分に溜まってしまう現象をいいます。

人間の身体は水分が7割も占めると言われるほど水分を保持しています。
それは人間を機能させる為に必要な成分だからです。

血液中の水分を循環させるためには、栄養素を運ぶために体の中の細部にまで広がっている血管と、血管に流れる血流を左右する筋肉が重要になってきます。

心臓が筋肉でできているということは既にお分かりかと思います。
心臓が伸縮することで血液が動脈を通って体の隅々にまで栄養素と水分を運びます。
そして、各細胞にたどり着いた栄養素を使って働いた上で、不要になった水分等を静脈やリンパ管に戻し、筋肉を収縮させることで体内を循環させています。

この不要になった成分等を戻す役割部分がうまく働いていないと、むくみ現象が起こるのです。

むくみの原因としてよく知られているのは、塩分や糖分の取りすぎです。

塩分はよく知られているように、身体にとって重要なナトリウムという栄養素をもたらしますが、過剰になると逆に害になります。
身体がナトリウム濃度を薄めようと体内の水分を取り込んでしまうことでむくみは起こってしまいます。

糖分は元々水分の吸収と保持力が高い成分の為、血液の循環も悪くなり、体内に余分な水分を溜めがちにさせてしまいます。

どちらも程よくとることがむくみを解消するまず一歩です。

また、運動不足によるむくみもあります。

座りっぱなし、立ちっぱなしという状況は、体全体の筋肉を硬直させている状態と同様です。
勿論心臓からの流れだけでも血流は戻りますが、より末端の筋肉を動かした方がポンプと同じ仕組みで戻りやすくなります

手先や足先という細かな部分だではなく、大きい筋肉がある腿なども十分に動かせば、その分循環もスムーズになるということになります。

そして、筋力の低下も否めません。

筋肉が動いて血流をめぐらすことができる為、その筋肉の量が減ってしまえば収縮が少なくなってしまいます。
となると、ポンプを動かしても小さい量しか吐き出せないのと同様の状況が起こります。
その為、循環率も悪くなってむくみが発生します。

上記を加味すると、そもそもの循環器系に異常がある場合もむくみが起こることが予想できると思いますが、その通りです。

ずっと続くむくみやあり得ないほどひどいむくみの場合は静脈瘤や心臓障害などの病気にかかっていることがありますので、たかがむくみと侮らず、十分な注意が必要な症状と言えるでしょう。

ラシックスで足のむくみを取る

足のむくみの解消は、適度な運動をしたり生活習慣を改善したりなどによって徐々に解消はされますが、即効性のある解消法はなかなかありません。

そこで、最近注目されているのが利尿剤である「ラシックス」という医薬品によるむくみ取りです。

利尿剤として分類されているラシックスの有効成分フロセミドには強力な利尿作用があり、体に溜まった余分な水分を尿量を増やして排出します。

足のむくみは足に水分(血液)が溜まってしまっている状態ですので、余分な水分を排出する事によってむくみ取りを実現します。

薬理としては、腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑える事によって尿の量を増やします。

「血液の余分な水分の減少」「血管壁のナトリウムが減少」によってむくみが解消されて血圧が下がります。

ラシックスは日本でも処方せん医薬品として認可されています。

しかし、病院に行く手間や価格の安さから、個人輸入を使って海外版のラシックスを購入する人が多い様ですね。
個人輸入を使って海外版のラシックスを購入すれば、処方せんも必要無く1/10程度の価格で買えてしまいます。

個人輸入というと難しそうなイメージがありますが、下記のような代行サイトを利用することで面倒な手続きは全てサイト側でやってもらえます。


ラシックス(一般名フロセミド)を個人輸入する|お薬なび


代行サイトを利用すれば、欲しい医薬品を便利且つ簡単に入手することができます。
しかし個人輸入で海外医薬品を購入した場合は、全てが自己責任となりますので注意が必要です。
利用の際はこちらで紹介しているような信頼できるサイトを選びましょう。


ラシックスは体の余分な水分を尿量を増やして排出する利尿薬です。
通常は、1日1回1錠を水やぬるま湯で服用します。
服用後は30分~2時間程度は利尿作用が続きますので、できるだけ外出時を避けて服用する事が望ましいです。
外出の際は常にトイレを意識して行動すると良いでしょう。
また、就寝前に服用するのも避けた方が良いでしょう。
何度もトイレに起きる事となります。

副作用としては以下の症状が報告されています。
・吐き気
・食欲不振
・便秘
・下痢
・胃の不快感
・めまい
・脱力感
・手足のしびれ
・動悸
・関節痛
・筋肉のけいれん

さらに重度な副作用が出る可能性もあり、ショック症状による脈拍の異常・呼吸困難・じんましん・アナフィラキシー様症状・難聴・間質性腎炎・再生不良性貧血・皮膚粘膜眼症候群・低カリウム血症によって生じる心室性不整脈、などがあります。

用量、用法を守れば重度な副作用が出る事はほとんどありませんが、気になるほどの副作用が出た場合は早めに医師に相談しましょう。

下半身むくみ女子必見!脚を細くするマッサージ



サイトマップ

Infomation

About Lasix

ラシックス|お薬なび|個人輸入代行