1. ホーム
  2. むくみが及ぼす悪影響

むくみが及ぼす悪影響

むくみと聞くと、誰でもよく体験している症状ではないでしょうか。
デスクワークが多すぎて足がパンパンだとか、お酒を飲んだ翌朝は顔が酷くむくんでいるなど日常茶飯事の現象だと思います。


むくみは、身体の中の細胞と細胞の間に過剰に水分が溜まる現象をいいます。

むくみの原因としてよく言われるのは、
・塩分の取りすぎ
・運動不足
・長時間の立ちっぱなしや座りっぱなし
・水分の過剰摂取若しくは不足
・身体の冷え
・締め付けが強い下着や靴
などなど、様々な要因が挙げられます。

この原因のすべての元は血液の循環にあります。

人間は心臓から送られる血液によって、各細部に栄養と水分が届けられています。
その血液を送る為に必要なのは、身体の隅々にまで伸びている血管、そして血液を流すために必要な筋肉です。

心臓は筋肉でできており、収縮することで血液を流します。よく言われるポンプのような役目をしていますよね。
そして、血液に乗せられた栄養素は足先や指先という末端にも運ばれます。
そこで栄養素と一緒に細胞に必要な水分も運ばれます。
各部位に運ばれた栄養素と水分は、各細胞に取り入れられますが、細胞内で不要になった水分や老廃物などはまた血管やリンパ管に戻され、血液を通して心臓に戻されます。
この戻される際も、もし末端の筋肉が収縮していたら、より早く血流を動かすことができる為、循環もスムーズになるという訳です。

このことからも分かるように、もし循環器系に病気があった場合、一日放っておけば治るようなむくみでは済まない状態になることも予想できると思います。
まさに、その通りで、重い病気の可能性からのむくみの可能性も否めません。

例えば、心不全によるむくみがあります。
心不全は、心臓の働き通常より弱くなってしまう状態を言います。
その為、血液を流すための働きが十分に行えず、むくみが発生すると言われています。

同じように血液を心臓に戻す静脈の問題、静脈瘤が原因で起こる場合があります。
静脈は血液が逆流しないように静脈弁というものがあります。
この静脈弁が壊れてしまうことで血液や水分が正常に心臓に戻らない状況が発生します。
その為に水分だけではなく血液も溜まってしまうという怖い状況が起きます。

また、腎臓が正常に機能していない場合も考えられます。
腎臓は排尿など水分を排泄する役割も司っています。
その為、この内臓が正しく動いていなければ、排泄する機能も弱る為、当然体内に余分な水分が溜まりやすくなってむくみに繋がります。

これだけでも非常に重い病気の症状から発症している可能性があることが分かると思います。

何日も続く状態や明らかにひどいむくみがある場合は、楽観視せずに医者に診てもらうことも非常に大事なことになります。

サイトマップ

Infomation

About Lasix

ラシックス|お薬なび|個人輸入代行