1. ホーム
  2. ラシックスの効果

ラシックスの効果

ラシックスは、むくみを取る利尿薬という薬です。

利尿薬は、その名のとおり尿量を増やすことで体内の水分を減らす薬で、様々な病気に付随して発症するむくみを改善する目的で使われています。

尿量を増やすことでどのようにむくみを取るのかというと、まず循環器系の話をしなければなりません。

水分は、体中に張り巡らされている血管を流れる血液を通して体全体にいきわたり、広まります。
血液は、栄養分と水分で構成されていますが、殆どが水分です。
その水分と栄養素は動脈を通して各部位までに届けられ、各部位で消化されるものもあれば、不要な分や老廃物と一緒に血管(静脈)やリンパ管に戻されたりもします。そうしてグルグルと循環しているのです。

尿に関わりのある部位は腎臓です。
腎臓で作られた尿は尿管を通り膀胱へ移動します。
尿管にも血管に不要な水分を戻す部分があります。
その部分はヘンレループと言います。
ヘンレループを通る際、血管に水分を戻しているのですが、この部分の機能をこの利尿薬が弱めることで血管に戻す水分量を減らします。
結果、通常戻る分の水分が戻らない為に尿量が増える=体外に排出される水分量が増えるということになり、身体の中にあるむくみが解消するという仕組みです。

そのことから、単純にむくみを解消したい方や、高血圧によるむくみ、また肝臓や腎臓に障害がある場合のむくみを解消する為に使われます。

また、心不全という心臓の機能が弱っている場合にも、心臓の負担を軽くするために使われることもあります。
心臓は、血液を循環させるという役目を持った重要な器官です。
この循環させるためのポンプがしっかり動かないと、体内の血液もうまく回りません。
大量の水分がポンプに溜まっているのに押し出す力が弱ければ、ポンプに負担がかかって壊れてしまうのと同じような状況です。
その為、血中の大部分を占める水分量を減らすことで、心臓への負担を軽くすることが可能と考えられ、この薬が使われいます。

ラシックスは非常に効き目が高い上に即効性のある薬です。
服用30分以内に効果を実感することができ、2時間のうちにむくみが解消すると言われています。
その為、急ぎ対応しなければならない場合にも使われることがある、優秀な薬でもあります。

しかしながら薬というものは、使用上の注意を正しく理解しなければ、身体に害をなす危険なものにも変化します。
ですので、しっかりと取り扱い上の注意をよく読み、守って服用することが必要と言えるでしょう。

サイトマップ

Infomation

About Lasix

ラシックス|お薬なび|個人輸入代行